【試打レビュー】TaylorMade Spider EXを打ってみた!(フローネック編)

2021年4月30日

皆さんこんにちは。管理人のQuattroです。
今回の試打インプレッションはこちら!

テーラーメイドの新作パター、スパイダーEXでございます!

いや遂に出ましたね、正当なスパイダーXの後継機が!!
前作のスパイダーX(以下”前作X”)は現在の僕のエースパターでもあるのですが、その後継機ともなれば買わないわけにはいきません。

所有する前作Xのネック形状はスモールスラントのモデルなのですが、今回のEXでは新たに加わった”フローネック”という形状をチョイスしてみました。

ラウンドでの使用感も含めて、僕なりの評価・インプレッションを綴っていきたいと思いますので、是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

まずはスペックから

手始めにざっとスペックのご紹介をしておきましょう。

・シャフト:TaylorMadeオリジナル フルーテッドシャフト
・総重量:547.5g
・ロフト角:3°
・ライ角:70°
・トゥハング角(90°−重心角):22°
・レングス:34inch

メーカーのラインナップとしては、色がプラチナム(シルバー)・ネイビー・ホワイトの3色、ネック形状もスモールスラント・シングルベント・センターシャフトの3タイプ。
すべてのカラーに対してすべてのネック形状が用意されているわけではないのでそこは要注意です。

前作では選択可能だったサイトラインの種類に関しては、今作では「トゥルーパスアライメント」のみになり、好みで選ぶことはできなくなっています。

その他、ヘッドサイズの若干の大型化やPURE ROLEインサートの素材変更などはあるものの、総重量の違いもほとんどなく、基本的にはスパイダーXの機能を継承しつつ更に寛容性やフィーリングを上げていこうという開発コンセプトになっているように感じました。

新シャフト「フルーテッドシャフト」って何だ!?

また、前作との差で最も大きいところは、装着シャフトがKBSの「C-taper ツアー」というシャフトからテーラーメイドオリジナルの「Fluted Feel™ STEEL SHAFT」というシャフトに変更されたという点です。

これがなかなか見た目にもなかなか興味深いシャフトで、シャフトチップから約13㎝の位置6か所に樹脂が入っているんです。

メーカーの触れ込み的には、こいつのおかげでシャフトの剛性を保ちながら安定性・操作性・打感が向上するのだそうです。
おそらく、前作Xのネガティブ要素としてよく取り上げられていた「シャフト硬すぎ問題」を解決しにかかってきたものだと思われます。

実際に打ってみた!

アドレスカットでの見た目はこんな感じ。

前作Xのユーザーとしてはほとんど違和感なくアドレスすることができます。
フローネックだと少しフェースプログレッションが小さめに感じるので、その辺は好みの問題になってくるかと思います。

実際のラウンドでの使用感についてですが、結論から言うと

”前作スパイダーXの正当進化”

コンセプト通りと言えばコンセプト通りなのですが、前作使用者としては移行しやすさも含めてめちゃくちゃ良い進化だと感じています。
(前作Xのインプレッション記事は以下のリンクから)

前作Xの最大のGoodポイントである出球の揃い具合はそのままに、寛容性・直進性がさらに向上、オフセンターヒットにめちゃくちゃ強い!

打感(打音)に関しても、前作Xよりもソリッドで澄んだものになっているのが非常に好印象です。超主観的ですが打音的には「コツッ」という音に近いと思います。

PURE ROLLインサートにアルミ素材を使用。よりソリッドな打感になってます

ネック形状の差についてはあくまで前作Xのスモールスラントモデルとの比較になってしまいますが、多少の操作性は残しつつ、重心角が大きくなった分だけより直線的に動かしやすくなったかなという印象。

個人的にはこれはこれでいいのですが、もう少し操作性があってもいいかなとも思うので、近々中古でスモールスラントモデルも仕入れて試してみる予定です。
(その際はまた記事にてインプレをアップしますね)

EXのほうが若干フェース面が上を向き、直線的に動かしやすい仕様
ネック形状がそもそも違うので参考程度にしてくださいね

また、例のフルーテッドシャフトについてですが、前作XのKBSよりも間の取りやすいフィーリングになっております。
ショートパットでもその差は感じることができるのですが、ミドルからロングレンジでのパットで振り幅が大きくなった時に歴然とした違いが現れます。
個人的には打ち急いで手が出てしまうミスが軽減されるように感じ、こちらも好印象!

ちなみに上述した打感向上に対して、このシャフトがどれだけ貢献しているのかは正直なところ不明です。

どんな人に向いているのか?

基本的には前作Xスモールスラントモデルのユーザーであれば、ほとんどの人におススメできます。

寛容性・直進性が抜群で、若干の操作性も残しているというバランスの取れた一本だと思います。

逆に「前作Xが使いづらかった」というユーザーが今作を使用してみて使いやすく感じる可能性は低いように思います。淡い期待をしている方、早まらないほうが得策です(笑)

良くも悪くも前作Xの正当進化なので、まずは前作Xのユーザーの方に試して頂きたいパターですね!
(筆者は早くスモールスラントモデルも打ってみたくてウズウズしてます!)

スポンサーリンク

ギア

Posted by quattro